自己肯定感を上げる方法~①人の失敗をたくさん見る~

こんな人です

大学中退、ニートde引きこもり、売れない不動産営業マンを経て、30歳で看護師になりました。
育休中の5年目ナースです。
自分にぜんぜん自信がなくて、ふと受けたコーチングで好きで得意なことを追求する生き方をしたい!と目覚めました。コーチングであなたを応援したい。そのための活動をしています。
ツイッター★ https://twitter.com/ninjinmaru11
インスタ★https://www.instagram.com/ninjinsan2525
無料モニターさん募集中!お気軽にツイッターかインスタのダイレクトメッセージ、またはこのブログからお問合せください。お待ちしています!

自己肯定感ってすぐに上がるもん?

すぐに、1日2日で上げるのは難しいかも。
でも着実に上げる方法はあるYO!

  • 自分に自信がない
  • 人づきあいがうまくいかない
  • まわりの人が上手くいっているように見えてうらやましい

2019年初夏。
1歳前の息子が夜眠ったあと、こんなことばっかり考えていました。
暗い。ほんとに暗い。

子育て本を読んでいると
『自己肯定感』『自己受容感』
を高めることで、子供が幸せになります。

と書いてある。
なるほどなるほど。納得。
で、その自己肯定感とかを高める実際の方法としては

①ほめ方に注意
A.条件を達成したことをほめる→数学の成績が学年一番だったんだね!すごいね!
(成績が悪くなると自分の価値がなくなった、と思う場合あり)
B.無条件にほめる→生まれてきてくれてありがとう。あなたがいてくれるだけで幸せだよ!

②子供の失敗を責めない(だからダメって言ったでしょ!また失敗したの!?は×)
③子供の挑戦を応援する(今回はうまく行かなかったけど、やってみたことでわかったこともたくさんあるね!)

はぁはぁ、なるほど。

まずは自分自身の自己肯定感を上げることを目標にしました。

それは、友人とそのお母さんを見ていて、
『自信たっぷり!細かいことはまぁいいじゃん!!楽しく行こうよ!というタイプの親だと、子供もあんまりくよくよしたりせず、自分や他人のありのままを受け入れながら、生きるようになるんだなぁ』と思ったから。

方法は、上の①~③を、自分自身に声掛けする感じ。

それで順調に、うまく行くようにな・・

・・・・・・りませんでした!

それは、わたし自身に

失敗=悪いこと
失敗=恥ずかしいこと

という思い込みがあったから。
上の③の挑戦してみるが一番初めにとりかかれることで、そのあとで②失敗を責めない
①自分をほめる、という順番でやってみるという作戦でした。

でもそもそも失敗にネガティブなイメージがあるので、
なかなか最初の一歩が踏み出せなかった。

でも今、ほぼ毎日コーチングをするようになって思うことがあります。

自己肯定感って気づくと勝手に上がってる。 挑戦してみて、失敗も成功も繰り返せばいい。

これは本当に、わたし自身についてもそう。
コーチングを受けてくださる方々の様子をみていてもそう。

むしろ、
これしか方法はないと思っています。

子どもって、なんども転びながらいつの間にか歩けるようになるじゃないですか。
言葉を話せるようになるまでに、
いろんな言い間違いを繰り返さないと、できるようにならない。

別に子ども時代だけではなく、
生きている限り、成長したいと思う限り
ずーっと同じ。

自己肯定感を上げるためには、なんでも 挑戦してみることが一番!

その挑戦のなかで、たくさん失敗することは避けられない。

失敗せずに何かで成功する、上手になるなんて、絶対にありえない。

こう思うようになって、

自分の失敗にも、他の人の失敗にも
まぁええやん!
と思えるようになりました。

そうは言うても、失敗するのって、やっぱり怖いやん!!

そうですよ。
やっぱりできるだけ失敗したくないし、
避けたい!と思うのは人間の本能です。

そんなときにおススメなのが、

人の失敗をたくさん見ること。

本を読むのもいいし、YouTubeでいろんな人の話を聞くのもいい。
本当に成功している人ほど、
失敗談もオープンにしていますね

何でわざわざ自分の失敗なんて話すの?
恥ずかしくないのん?

と思うかもしれません。

でも、自分の失敗をオープンにする目的って
『誰かを勇気づける』
ことです。

だから、人の失敗をたくさんみて、
『失敗してもいいんだ、みんなそうやって泥にまみれながら進んできたんだ』
と思えればいい。

で、自分も失敗をしながら進めばいいんだ
と勇気をもらっちゃいましょう。

わたし自身も
これから先もいろんな失敗をオープンにしながら、
ブログを書いていきたいと思っています!
押忍!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました