愛犬おちゃまる君から、相手の気持ちを尊重することを学ぶ

我が家には本名ちゃちゃ丸くんという、トイプードルがいます。

彼は、生後4ヶ月位でペットショップから我が家に来ました。ボンヤリおっとりとした性格で、何をしても怒らないタイプでした😴

そんなおちゃまるくんは、息子が生まれてから変わり始めました。

息子はおちゃまるが好きなようですが、いきなり耳を引っ張ったり、ペロペロと舐めている舌をつかんだり、散々です。(これはおちゃまるくんのおおらかさに甘えていた、私の監督不行届です)

次第に息子が近づくと『ウ〜😡』と唸って、『それ以上近づかないでよね🐶‼️』と自己主張するようになりました。

はじめの頃は唸る行為をやめさせなきゃ!と思いました。唸るたびにコイン入りの缶を鳴らしたり、すぐに部屋から出たり。

でもふと思いました。

『おちゃまる君が怒ったり怖がったりして唸るのも当然だ。それを無理矢理辞めさせるんじゃなく、唸らなくて済むように環境を整えればいいんだ!』

自分の素直な感情を受け入れてもらえないとしたら、しつけと言って無理に抑え込まれるとしたら、すごくつらい😭

おちゃまる君は、嫌なんじゃ‼️と噛んじゃう前に、唸って警告してくれたんだね、ありがとう😂という気持ちになりました。

という訳で、息子とおちゃまる君は絶妙な距離感を保ちながら暮らしています👶🐶

コメント

タイトルとURLをコピーしました