基礎化粧品をやめる実験の話

健康

こんにちは。

今日は基礎化粧品の事について書いてみます。

(化粧品もかなり断捨離しました)

2017年の夏ごろから、化粧水乳液クリーム美容液といった基礎化粧品を使わない実験をしています。

きっかけはいくつかあります

①POL◯のお姉さんに(遠回しに)よくなってないと言われたこと

②お金がもったいないと思ったこと

肌断食の本を読んだこと

あいこ皮フ科クリニックのFacebookを見ていたこと

中学生の頃から吹き出物に悩み、いろいろ試しました。
皮膚科に何件も行ったし、(新幹線で病院にも行った・・・)皮膚科医が作ったという化粧品もいろいろ買ったり。
フラクショナルCO2レーザーというめちゃくちゃ痛い治療もしたし・・・

最終的ににはひとりひとりの肌を分析して注文する、オーダーメイド形式のPOL◯のAP◯Xシリーズを使っていました。

月1くらいで肌分析に行くのですが、(テープで皮膚採取したり写真を撮る)ポー◯のお姉さんに『見た目にはわかりにくいけど、アトピーと同じくらいのダメージ具合です』と言われたこと。

オーダーメイドの化粧品を使ってもダメなら、もう自分の肌に合う化粧品なんてこの世にない、、、

ピルを飲むのが一番肌は落ち着くけど、病院に買いに行くのも面倒だし妊活するので辞めていました。

別に芸能人のように、シミもシワもひとつもない美肌になりたいわけじゃない。ただ健康な肌になりたいだけ・・・なんで顔の皮膚だけこんなに荒れるのか?顔以外は健康なのに・・・・

と悩んでいたところに形成外科・皮膚科医の宇津木龍一先生の③の本に出会ったわけです。

かなり有名な本なんですが、『何もしない』ことがいいわけない!と思いたい自分が、この本を避けていました。
だって私、いろいろ病院にも行って、お金も使って(車買える😭)、それが意味ないなんて・・・・ガーン😨、、みたいな。

この本に書いてあることを素直に実践してみました。なぜならお金がかからないから。
洗顔は純石鹸、保湿は少量のワセリンだけ。

マイクロスコープも買って、写真を撮って肌がどう変化するのかを観察しました。
確かにキメが全くなかったのが、だんだん復活している・・・
こういう実験は好きなので、面白かったです。

今まで絶対必要だと思っていた化粧水、乳液、クリーム、美容液とか、私には一切必要なかったんだ、と思うとものすごいショックです。
だって『丁寧なスキンケアで差がつく!』『注目の◯◯成分を高濃度で配合!!』って美容雑誌に書いてあるし(美stとVOCE毎号買ってました)、CMしてるし、じゃあ世の中に溢れている化粧品ってなんなんだ・・・とか思ったり。

今は化粧品ではなく食事、運動、睡眠、ストレスを避ける、といった健康の基本を大事にしたいと思っています。

あ、これはあくまで私の場合です。

(基礎化粧品はメルカリでよい値段で売れました🤗)

コメント

  1. […] 基礎化粧品の記事で紹介した本の著者、宇津木龍一医師は、シャンプーについての本も出されています。 […]

タイトルとURLをコピーしました