人間は、ジャガイモじゃなかった!~コーチングで変わったキティ夫の話~

キティ夫

大学中退、ニートde引きこもり、売れない不動産営業マンを経て、
30歳で看護師になりました。
育休中のナースです。

最近は、オンラインコーチングスクール
コーチングプレイス
のアシスタントもさせていただいています。

自分にぜんぜん自信がなくて、
こんな自分がよい親になれるはずがない・・・・
と子育てが超不安で。

そんなとき、ふと受けたコーチング。

たった1時間のコーチングがきっかけで、
好きで得意なことを追求する生き方をしたい!
私自身の意識を
めっちゃ前向きに変えてくれたコーチングを、
いろんな人に届けたい!

『人生エンジョイ系大人』を応援したい!と思い
2019年夏に、学びはじめました。

自閉症きーちゃんの子育てをしていくうちに、
『明日がわくわくキッズ&ママも応援したい
とやりたいことが広がりはじめました。


発達障害・自閉症きーちゃんの子育てブログ
はこちら↓
https://note.com/yon_443

こんにちは!

今日は強めのコミュ障である
キティ夫のコーチングを学んでからの
ビフォーアフターについて
書いてみようと思います。

うちの夫は

オレさまは
世界で一番かわいく
素晴らしい存在であり
みんなから愛される

キティちゃんのような人間である

と一点の曇りもなく
信じきっている
ピュアなアラフォー男子です。
キティ夫といいます)

そのため

オレ以外の話は
キホン聞く価値なし
オレ以外はジャガイモ
家族や友人でさえ
しゃべるジャガイモに過ぎない
オレの貴重な時間を
ジャガイモトークに

使う価値なし

という
大変かたよった
価値観を持っていたそうで。

しかし、妻から
コーチングスクールを
無理やりすすめられ
仕事につかえるならやってみるか
としぶしぶ始めたところ
そして練習という
名のもとに
人の話をじっくり聞く
トレーニングを
重ねたところ

人間はジャガイモではなく
一人ひとりが
自分と同じように感情を持った
人間である
しかも話を聞いてみると
けっこうオモロイではないか

ということに気づいたらしい。

私が思うに
夫はキティちゃんというよりも
コミュ障がすぎるうえ
ムダに高いプライドを持つ
イタイタこじらせ系おじさん
であったのではないかと
推測しております。

そんな夫は
人の話きくのめっちゃオモロイやん!
もっと上手になりたい!
と言い
夜な夜なコーチング実践を
重ねているようです

『ヒャッヒャッヒャ!!!!』

という何とも奇妙な
笑い声をあげながら
パソコン画面に向かって
ニコニコで話を聞いているのです・・・・

以前のわたしは
夫の説明するときは
風神雷神にクリソツ
言っていたのですが
今は何だろう・・・

シウマイ弁当の
しょう油さし
ひょうちゃん
を想像してもらえれば
ええかと

何が言いたいかというと

心地よいコミュニケーションは
学べば誰でも体得できるし
自分のコミュニケーションが変われば

こじらせきった
灰色の人生でさえ
キラキラの虹色にもなりうる

というなんとも
うさん臭い
でも確実に
一人のおじさんの人生が
変わり始めたという
私の目撃談を
少しでもあなたにお伝えしたかったのです。


そしてもし興味があるなら
コーチングを体験してみたり
一緒に学んだり
していけると嬉しいです。

それではまた!


コメント

タイトルとURLをコピーしました