コーチの私が自分のために使うコーチングスキル~ダークなあたいを包み込む、鈴木亮平テクニック~

コーチング

大学中退、ニートde引きこもり、売れない不動産営業マンを経て、
30歳で看護師になりました。
育休中の5年目ナースです。

最近は、オンラインコーチングスクール・コーチングプレイスのアシスタントもさせていただいています。
コーチングについて学びが深まり、学び始めたばかりの生徒さんの感想からも、気づきや学びがたくさん!というありがたく刺激的なライフを送っております。

自分にぜんぜん自信がなくて、子育てが超不安で。
そんなとき、ふと受けたコーチング。
たった1時間のコーチングがきっかけで、
好きで得意なことを追求する生き方をしたい!
私自身を変えてくれたコーチングを、
いろんな人に届けたい!
『人生エンジョイ系大人』を応援したい!と思い
2019年夏に、学びはじめました。

自閉症きーちゃんの子育てをしていくうちに、
『明日がわくわくキッズ&ママも応援したいあ、私と同じ医療職の人も!!』
とやりたいことが広がりはじめました。
実現するための方法を日々模索中!

note(自閉症きーちゃんの子育てブログ)★https://note.com/yon_443

あなたはもし同僚や友人に
『あの人の言い方ってちょっとイヤな感じじゃない~!?』
って話をふられたらどう返事しますか??

B.Cのわたし (Before・コーチング)

『あーそういうときもあるかも』
と(本当はそう思ってないのに)ちょっと同調しちゃったり

『へ~そうなんですね!』
とアホキャラ鈍感力全開で乗り切ろうとしたり。

・・・難しい。


最も無難な返しかたは、

『へぇ~・・・ところで新発売のガリガリ君サッポロラーメン味って食べました!?』
といった、持ち前のKY力を活かした藪からスティック返し?
(KYって通じるかな・・・私あらふぉー)

これは大変に難しい問題でした。
数千年にわたり、人類を苦しめてきた問題のひとつと言っても過言でない、強敵でした。

とくに、自分下っ端、相手は先輩や上司という力関係がある場合。
上手く返さなければ、次の夜勤が地獄になるかもしれない。
40人分の配膳と下膳と採血を2時間以内に一人でやり遂げろ、という恐ろしい仕打ちが待っているかもしれない。

ほんとうにこわいですね。


そんなときに役立つ、コーチングテクニック!

愚痴や陰口に同調することは避けつつも、相手の気持ちを尊重するあいづちの打ち方です。

パイセン『あの人の言い方ってちょっとイヤな感じじゃない~!?』
あなたパイセンは、あの人の言い方ちょっと嫌だな、と感じるんですね~』


わたくし的ポイントは、
『感じるんですね~』
のとこです。

思うんですね~、ではなく。

感じる。
思う。


似ているようで、ちょっとニュアンス違いませんか

感じる・・・自分のコントロールのつかないところで、湧きあがった感情。天から降ってきたような感じ。

思う・・・自分の意思を伴って出てきた気持ち。考える、に近い。

そう感じちゃったのだから、仕方ない。
その感情はあなたにコントロールできることではない。

そんな感じ。(伝わるかしら)

いや、改めて読むとこんな返しをしたらパイセンに
『ハァ!?あたいのことバカにしてんのか!?』
とキレられるかもしれない。
(そこんとこ臨機応変にお願いします)

で、ですね。

今回の記事の意図は怖いパイセン対策ではなく、
コーチの私が自分のために使うコーチングスキル
です。

まず自分!!!
人のためよりまず自分!!!
(字あまり)

まずは自分のことを満たして、余力があれば人のため、というのが大事。
順番間違えないでくださいね。
(テストに出ます)

あたいも人間なんで、
日々どす黒い感情とともに生きています。

あぁうらやましい。
くやしい。
腹が立つ!!

そういう気持ちを、
『よんよん、そうなんだね、そう感じてるんだね。』
と、そのまんま受け止めてあげられるようになって、すんごくラクになりました。

昔の私なら、
『そんなこと思っちゃだめ!』
と自分の気持ちにフタをしておりました。
で、フタしきれなくなって、ある日突然爆発する。
そういう人生でしたね・・・

これからはもっと自分を包み込んであげましょう。
本当は鈴木亮平に包み込まれたいんですけど、彼まだ包んでくれそうにないんで。

『よんよんちゃんって今はそう感じてるんだね。よしよし。』

鈴木亮平がそうささやいてくれている。


そう思うと、子供の寝ぼけキックでどんなに寝不足でも、夫に服を裏返しに脱ぐな!だらしがない!とキレられても、乗り越えられそうです。

それでは、おやすみなさい!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました